欠損箇所に

入れ歯も、欠損部分を補う為に必要な部分になりますが、近年はインプラントを治療に取り入れるのがトレンドになっています。機能性も問題なく、まるで本物のような使い心地なのでこれからも需要が上がるでしょう。

詳しく読む

深刻な状態にさせない

虫歯や歯周病は、非常に厄介な病です。予防を徹底しないあまり、抜歯を余儀なくされる場合もあるでしょう。歯科医院では治療だけではなく歯周病にならない為の予防歯科に力を入れるクリニックが増えています。

詳しく読む

子供のうちから

昔はそれほど、歯に対する意識は高くありませんでした。しかし、最近は歯医者に通う子どもたちも増え口腔ケアに力を入れている証拠です。現在は子供のうちからオーラルケアが出来るグッズの販売もしており歯科と併用しています。

詳しく読む

虫歯がメイン

虫歯がメインになっている通常の歯医者とは違って、審美歯科での治療は歯の見た目を綺麗にすることを目的としています。歯並びなどが綺麗になれば、笑顔の印象がかなり違って見えることができます。

詳しく読む

機能も大事

歯列矯正をした方がいい理由

歯並びが悪いことは、見た目だけの問題ではないのです。例えば反対咬合の場合、上あごより下あごが前に突き出している状態なのですが、そうするとかみ合わせがずれてしまいます。かみ合わせが悪いと、物を上手に噛むことができません。すり潰したりかみ砕いたりすることがうまくできないので、あごに痛みや異常が生じたり頭痛の症状が出たりすることもあります。 発音も正しくできないことがあり、日常生活にも支障をきたすこともあります。 また、そのまま放置しているとあごがどんどん発達し、歯列矯正だけでは治療できなくなってしまうこともあるのです。しまいには手術しないとならなくなる場合もあるので、早めに矯正歯科医に相談し歯列矯正をした方がよいのです。

最近の新しい治療方法

「歯列矯正を始めたいけれど、矯正器具が気になって矯正治療を迷ってしまう。」という人も多いです。特に思春期の女子中高生にとっては、矯正器具が見えるのは嫌なのでしょう。 そんな人のために、最近は目立たないタイプの歯列矯正もあります。ワイヤーが透明になっているので、見た目には矯正をしているとは気づかれません。また、取り外し可能の透明なマウスピースもあります。 一般的な歯列矯正は歯の表面に器具を取り付けるのですが、歯の裏側に取り付ける方法もあります。ですから、矯正をしていると気づかれにくいので最近は人気のある歯列矯正治療法です。 歯列矯正を始めるのは、早ければ早いほど良いのです。永久歯が生えそろった頃に始めるのが適しているのです。