深刻な状態にさせない

以前と現在の治療方法

昔から街のあちらこちらに歯医者さんが点在しています。多くの方が自宅の近くの歯医者さん巡りをして、結局どこの歯医者さんも苦手意識からか怖くて嫌なイメージがあると思います。治療方法も虫歯になったら削ってかぶせ物や詰め物をして終了で、また何年後かに虫歯で痛くて治療するパターンを繰り返していると思います。しかし最近の歯医者さんは、虫歯入れ歯や歯周病の治療だけでなく、それにならないように予防に力を入れている歯医者さんもあります。子供の時からの検診を行ったり、フッ素塗布や歯石取りや歯磨き指導などを、虫歯や歯周病や歯肉炎などの悪化するのを防ぎ、末永く自分の歯を保てるように指導や治療を行っている医療機関も増えています。

進化する専門の歯医者

最近の歯医者さんは、歯科だけではなく口腔外科や審美歯科や矯正歯科など、それぞれの専門に特化している歯医者さんが多く見られます。患者さんにとっては、看板を見ただけでどんな治療をする場所なのかすぐわかります。もちろん歯医者だけ看板を掲げている場合であっても、総合的に診察をしている歯医者さんもいます。そして、患者さんのニーズに応じたサービスを以前よりも幅広く対応できるようになりました。健康保険適用だけでなく、自由診療と言われる健康保険外での診療も可能になりました。また医療材料の進歩によりできなかった事もできるようになり今後もますます進歩に期待ができるようになりました。しかし、サービスが豊富になった分、自分に合った治療方法を医師とよく相談し納得した上で治療をする事が重要になりました。