子供のうちから

子供の頃からの「オーラルケア」の重要性

従来、子供を「小児歯科」へ連れて行くと言えば、虫歯を治療するという理由によるものが、大半を占めていたのではないでしょうか。「虫歯がひどくなってから歯医者へ行く」ために治療には痛みを伴い、親子とも辛い思いを経験したものです。 しかし、近年では「歯の健康意識」が高まってきました。多くの家庭で、幼児の頃から「オーラルケア」が実践されるようになっています。多くの子育ての場で、正しい歯磨きの方法やおやつの与え方、定期検診の必要性等が指導・提案され、子供向けのオーラルケア商品も充実してきました。家庭で出来る親子での取り組みと、小児歯科での専門的なケアを併用することで、子供の口中環境を良好に維持することが出来るのです。

小児歯科治療の専門医

毎日の家庭でのオーラルケアと共に、定期的に検診を受ける必要があります。小児歯科としての専門的な知識から、様々なトラブルを発見することができます。早期に治療をすることが出来るので、痛みを伴わずにすみます。予防的な治療として、小児歯科を訪れる必要があるのです。 正しく治療を受け、満足できる結果を得るためには、「小児歯科」選びが大切になります。一口に「小児歯科」と言っても、様々な形態があります。我が国では、一般歯科医院が小児歯科を兼ねている場合と、小児歯科専門医が治療にあたっている場合があります。一般歯科医の中には、技術的に優れた医師もいます。しかし、基本的に子供の治療は、大人の治療とは異なります。そのため、小児歯科専門医での治療が望ましいと言えます。専門医は「小児歯科学会」に属しているので、それらを参考に正しく歯科医を選ぶことが重要なのです。